爪の構造を知っていますか?とても大切な役目があります!

すごい.jpg

爪の根本にある皮のことを「甘皮(キューティクル)」と言うように、爪のその他の部分にもそれぞれ名称があります。

こちらではもう少し爪について詳しくなれるように、爪に関する名称と構造を掲載しています。




爪の構造



爪の構造1-1.jpg 爪の構造2-1.jpg


①フリーエッジ(爪先 そうせん)
 ネイルプレート(爪甲)が皮膚にくっついていない爪先の白い部分。


②ハイポニキュウム(爪下皮 そうかひ)
 フリーエッジ(爪先の白い部分)の裏側の皮膚部分。ネイルプレート(爪甲)の下から雑菌や異物が侵入するのを防ぎ、保護する役目がある。

 
③ストレスポイント
 フリーエッジ(爪先の白い部分)の両端部分。外からの圧力に弱いため、割れたり欠けたりしやすい。


④イエローライン(黄線 おうせん、スマイルライン)
 フリーエッジ(爪先の白い部分)とネイルベッド(爪のピンクの部分)の境目にある、爪が皮膚から離れるラインのこと。ぼんやり黄色っぽく見える。

 
⑤ネイルプレート(爪甲 そうこう)
 ネイルベッド(爪床)にのっている通常「爪」と呼ばれる部分。本来は透明だがネイルベッド(爪床)に毛細血管が通っているため薄いピンク色み見える。

 
⑥ネイルベッド(爪床 そうしょう)
 ネイルプレート(爪甲)の下の土台部分。毛細血管と神経が通っている。


⑦ネイルグルーブ(爪溝 そうこう)
 ネイルベッド(爪床)とサイドウォール(側爪郭)の間にある溝。爪を支える役目がある。


⑧ハーフムーン(ルヌーラ)
 爪の根本にある乳白色の半月状の部分。できたばかりの爪で水分を多く含むので白っぽく見える。柔らかいため傷つきやすい。


⑨サイドウォール(側爪郭 そくそうかく)
 爪の周りを覆う厚みのある皮膚部分。爪を支えたり、衝撃から守る役目がある。


⑩キューティクル(甘皮、エポニキウム)
 爪の根元部分にある薄い皮の部分。新しく生えてきた爪を保護する役目がある。


⑪ネイルベース(爪根 そうこん、ネイルルート)
 皮膚の下にあるネイルプレート(爪甲)が隠れた爪の根元部分。とてもデリケートでハーフムーンよりも柔らかい。


⑫マトリクス(爪母 そうぼ)
 新しい爪を作る部分。血管、神経が通っているので内的、外的なダメージを受けると爪の変形などを起こしてしまう恐れがある。

 


爪は指先のこんなに小さい部分なのに、こんなに構造があり、大切な役目があることがわかりました。
詳しく知ることで、もっと爪に愛着を持ち、爪を噛む癖がなくなることに繋がれば良いなと思っています。

爪を噛む癖をやめるには、まずは原因を知ることが大事!
 爪を噛む癖をやめる方法7選
 深爪矯正|日に日に爪が伸びる様子がわかる写真はこちら
 深爪から伸ばした爪をケアする方法(初心者向け)
スポンサーリンク


この記事へのコメント